体の中から温まりたい! 冬のごちそう鍋&スープ料理

  • 2022年1月24日
  • 2022年2月4日

新型コロナウイルスの感染防止にご協力をお願いいたします。
外食をお楽しみになる際は、お一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの感染症対策に努めていただくようお願いいたします。

体の中から温まりたい!冬のごちそう鍋&スープ料理

寒~い日が続きますが、そんな時に食べたいのは温かい鍋やスープ料理ですよね!
今回は、食べればポカポカ温まる、冬のごちそうをご紹介します。

過去のグルメ情報はコチラ>>

博多もつ鍋 げってん(はかたもつなべ げってん)

博多もつ鍋 げってん
【博多もつ鍋 醤油味 1人前1,300円(写真は2人前)】 ほかに西京味噌と白味噌をブレンドした味噌味、昆布だしの旨みたっぷりの塩味(各1,350円)、激辛キムチ味(1,500円)があり、土鍋仕立ての焼ホルモン鍋(1,500円)も。もつも野菜もボリュームたっぷり。

ヘルシーでスタミナ満点! もつ鍋の魅力を満喫

季節を問わず愛される本場博多のもつ鍋。
そのおいしさをそのまま味わえるよう、九州から直接仕入れた新鮮な素材を使用。大ぶりのプリプリしたもつは食べて納得です。
まずは醤油味で。焦がしニンニクで作ったスープにもつの脂が溶け出し、香ばしくて濃厚な味わい。
サイドメニューも充実。酢もつなど博多の名物料理のほか、九州の味覚が楽しめます。
お一人様から歓迎の本格的もつ鍋で元気をチャージ!

博多もつ鍋 げってん
【(手前から時計回りに)鹿児島地鶏タタキ 1,500円、牛すじ煮込み 600円、酢もつ500円】 イチオシは鹿児島地鶏ならでは弾力と味わいが楽しめるタタキ。 仙台牛など国産和牛を使い、脂のくどさがない煮込みも人気。 豚の胃袋を細切りにした酢もつは、歯ごたえが軽快で箸休めとしてもおすすめ。

博多もつ鍋 げってん
カウンター、テーブル席、掘りごたつタイプの座敷がある。 カウンターがあり、鍋も1人前からOKとあって女性の一人客にも好評。

■博多もつ鍋 げってん
電 話:03-3899-5540
営業時間:17:30~24:00(LO23:00)、日曜・祝日17:30~23:00(LO22:00)
定休日:月曜(祝日の場合は翌日休)
席:40席
住 所:足立区西新井3-3-10(下記地図A)
予約:可
テイクアウトの予約:可
バリアフリー対応:要相談
Wi-Fi接続:あり
Instagram:https://www.instagram.com/motsu_getten/
アクセス:東武大師線大師前駅から徒歩約15分、日暮里・舎人ライナー谷在家駅から徒歩約15分。または、東武スカイツリー線西新井駅から国際興業バスで約16分、「第三団地入口」下車徒歩約1分
新型コロナウイルス対策:従業員の手洗いの徹底、従業員のマスクの着用、従業員の検温、座席の配置をソーシャルディスタンス仕様に変更、換気の徹底、利用客の入店時の検温、利用客の入店時の手指の消

博多もつ鍋 げってん
住宅街の一角に位置する。無料駐車場が3台あり遠方からも訪れやすい。

チャンコ鍋 西新井 なが田 (チャンコなべ にしあらい ながた)

チャンコ鍋 西新井 なが田 
【あじのツミレチャンコ鍋 小1,750円、トッピングにおすすめの千寿ネギ 280円】 コラーゲンスープに、アジのツミレ、鶏のつくね、豚バラ肉、野菜に豆腐とヘルシーで具だくさんの鍋。 自家製ポン酢も秀逸。締めのラーメン、ご飯各200円~。 鍋は中サイズ3,500円、大サイズ5,250円あり。 ほかに魚の苦手な方におすすめの六本鍋1,750円~、ピリ辛もつ鍋1,800円~も。

最後の一滴まで旨みたっぷり、門外不出のちゃんこ鍋

大相撲宮城野部屋の秘伝の作り方を守りつつ、吟味した食材を使用したちゃんこ鍋。
ネギは最高級の“千寿ネギ”を区内のネギ問屋から、魚は店主自ら足立市場に足を運んで買いつけます。
締めのラーメンはもちろん、最後の一滴まで旨みがたっぷりです。
一品料理にもこだわりがキラリ。“天使のエビ”などレアな食材を使ったメニューも楽しみです。
そもそも、ちゃんこは相撲部屋の日常食。通年の外食リストに加えると重宝しそうです。

チャンコ鍋 西新井 なが田 (チャンコなべ にしあらい ながた)
【(左から)天使のエビ刺身 2皿セット800円、 焼きネギ(千寿ネギ) 550円】 一切の添加物を使わずに育てたニューカレドニア産の高級食材、“天使のエビ”を味わえる。旨みたっぷりの殻ごと塩焼きにした頭部付き。最高級長ネギのおいしさをストレートに味わえる焼きネギもおすすめ。

チャンコ鍋 西新井 なが田 (チャンコなべ にしあらい ながた)
店主の父親は大相撲の宮城野部屋に所属していた元関取。 父が引退後に開いたちゃんこ店で修業した後に独立した。1階は小上がりとカウンターでアットホームな雰囲気。1人でもちゃんこが食べたくなったらぜひ!

チャンコ鍋 西新井 なが田
電 話:03-3857-7622
営業時間:17:30~23:00(LO22:00)
定休日:水曜
席:10席(別途2階座敷は12名まで、要予約)
住 所:足立区西新井本町1-15-3(下記地図B)
予約:可
テイクアウトの予約:可
バリアフリー対応:不可
Wi-Fi接続:あり
HP:https://nishiarai-nagata.wixsite.com/nagata2
アクセス:東武大師線大師前駅から徒歩約4分
新型コロナウイルス対策:従業員の手洗いの徹底、従業員のマスクの着用、従業員の検温、座席の配置をソーシャルディスタンス仕様に変更、換気の徹底、利用客の入店時の検温、利用客の入店時の手指の消毒毒

チャンコ鍋 西新井 なが田 (チャンコなべ にしあらい ながた)
大師前駅から環七通りを渡ってすぐ。 路地に入った落ち着いた静かな場所にある。ちゃんこ鍋の穴場的存在。信楽焼のタヌキを目印に。

牡蠣と燻屋 かつを(かきといぶしや かつを)

牡蠣と燻屋 かつを(かきといぶしや かつを)
【痛風鍋 1人前2,508円(写真は2人前)】※注文は2人前から 牡蠣・白子・あん肝など、栄養たっぷりの海鮮がぎっしり詰まったぜいたく鍋。 ぐつぐつ煮ると、しょうゆベースのスープにあん肝のだしが溶け出し、クリーミーな味わいに。

海鮮自慢の居酒屋、禁断の名物鍋

店内に入ると、カウンターの焼き場でごうごうと上がる炎に驚かされます。
その正体は「かつおの藁焼き」。強力な火力で素早くタタキにすることで、ジューシーに仕上げる高知の技法だそうです。
名物は心当たりのある人には少しつらいけれど、後悔しても食べたくなる、その名も痛風鍋。
ぷりぷりの牡蠣は旬の産地とれたてを厳選して提供しています。

牡蠣と燻屋 かつを(かきといぶしや かつを)
【いぶしかつをの塩タタキ 1,549円】 藁焼きにしたかつおの滋味豊かな味わいを存分に味わうために塩でいただく。 塩は土佐の海水を四万十川流域の山あいで仕上げた「山塩」を使用。

牡蠣と燻屋 かつを(かきといぶしや かつを)
カウンターからテーブル、掘りごたつの個室まで幅広く用意。 1階席は8名まで、2階席は最大40名の予約まで対応できる。

■牡蠣と燻屋 かつを
電 話:03-5284-4300
営業時間:17:00~23:30(LO22:30)、土曜・日曜・祝日16:00~23:30(LO22:30)
定休日:無休
席:120席
住 所:足立区千住旭町41-4(下記地図C)
予約:可
テイクアウトの予約:不可
バリアフリー対応:要相談
Wi-Fi接続:なし
HP:https://katsuwo.owst.jp/
instagram:https://www.instagram.com/kakitoibusiya_katsuo/?hl=ja
アクセス:JR常磐線ほか北千住駅東口から徒歩約1分
新型コロナウイルス対策:従業員の手洗いの徹底、従業員のマスクの着用、従業員の検温、座席の配置をソーシャルディスタンス仕様に変更、換気の徹底、利用客の入店時の検温、利用客の入店時の手指の消毒

牡蠣と燻屋 かつを(かきといぶしや かつを)
北千住駅の東口を出てすぐの好立地。古民家風の建物を見つけよう。

ロイロイ

ロイロイ
【トムカーガイ 880円、ライス 300円(各税別)】 鶏肉のココナッツミルクスープ。レモングラスやこぶみかんの葉、タイの生姜(カー)など独特のハーブの風味が効いた、マイルドなやさしい味わい。 タイ人だけでなく日本人の味覚にも相性がよく、人気メニュー。口どけのいいタイ米を合わせて。

体の芯から温まるタイのあったかスープ

世界三大スープの一つであるトムヤムクンを筆頭に、種類も豊富なタイのスープ。
麺を入れれば、お腹いっぱいになるほど具だくさんなのも魅力です。
「気軽にタイ料理を味わってもらいたい」とバンコク出身の店主が話すとおり、オーダーしたらさっと出てくる屋台料理が中心。
テーブルに常備したナンプラー、酢、粉末唐辛子、砂糖の4種の調味料で好みの味つけにしていただくのがタイ流です。

ロイロイ
【クイッティオ トムヤムウンセン 880円(税別)】 辛くて酸味の効いたスープに米の細麺が入った、タイ風ラーメンのひとつ。 干しエビの旨みやピーナッツの香ばしさが癖になりそう。 お茶(無料)は、タイ料理に合わせてタイティーで。

ロイロイ
2021年12月に5周年を迎えたお店。店主サスィチャーさんの笑顔と手料理を楽しみに通う常連も多い。タイ独特のハーブ類をアクセントに甘さは控えめで、日本人にも食べやすい味わい。

■ロイロイ
電 話:03-6874-0178
営業時間:11:30~15:00(LO14:30)、18:00~23:00(LO22:30) ※日曜は昼のみ営業
定休日:月曜
席:13席(カウンター5席、テーブル3卓)
住 所:足立区足立1-13-13(下記地図D)
予約:可
テイクアウトの予約:可
バリアフリー対応:不可
Wi-Fi接続:なし
アクセス:東武スカイツリーライン五反野駅から徒歩約7分
新型コロナウイルス対策:従業員の手洗いの徹底、従業員のマスクの着用、従業員の検温、座席の配置をソーシャルディスタンス仕様に変更、換気の徹底、利用客の入店時の検温、利用客の入店時の手指の消毒

ロイロイ
駅前のメインストリートから1本入り、しばらく歩くと現れる小さなタイレストラン。

 

七輪ホルモン焼・もつ鍋 まことや(しちりんホルモンやき・もつなべ まことや)

七輪ホルモン焼・もつ鍋 まことや(しちりんホルモンやき・もつなべ まことや)
【牛もつ鍋 1人前980円(写真は2人前)】 国産牛の生の小腸を使ったもつ鍋。醤油ベースでだしはカツオ・昆布からとっている。鍋から溢れそうな具材が、火をかけると旨みとともにギュッと凝縮。締めは中華麺または雑炊で。1人前から注文可能。

鮮度が自慢。国産生ホルモンを食べにいこう!

「冷凍と外国産は使わない」をモットーに、良質な国産のホルモンを提供する創業14年のお店です。
朝絞めのホルモンはひと口味わえば、その旨み、その弾力で質の違いがわかるはずです。
もつ鍋は1人前からオーダーできるので、色々と食べたい方も気軽に頼めます。
肉と相性のいい日本酒の品揃えも豊富。迷ったら店主に聞いて、味わってみてはいかがでしょう。

七輪ホルモン焼・もつ鍋 まことや(しちりんホルモンやき・もつなべ まことや)
【豚ハラミ、豚白もつ 各450円】 茨城から直接仕入れている朝絞めの豚ホルモン。七輪で丁寧に焼き上げて、待つ時間もまた楽しい。いずれもリーズナブルなので様々な部位を試してみて。

七輪ホルモン焼・もつ鍋 まことや(しちりんホルモンやき・もつなべ まことや)
テーブル席のほかカウンターもあるのでお一人様でもOK。ホワイトボードのメニューには、希少部位や本日のおすすめもあるので要チェック。

■七輪ホルモン焼・もつ鍋 まことや
電 話:03-3849-8171
営業時間:17:00~24:00(LO23:30)
定休日:日曜、月曜不定休
席:20席
住 所:足立区中央本町2-22-14(下記地図E)
予約:可
テイクアウトの予約:不可
バリアフリー対応:可
Wi-Fi接続:なし
アクセス:東武スカイツリーライン五反野駅から徒歩約5分
新型コロナウイルス対策:従業員の手洗いの徹底、従業員のマスクの着用、従業員の検温、座席の配置をソーシャルディスタンス仕様に変更、換気の徹底、利用客の入店時の検温、利用客の入店時の手指の消毒

七輪ホルモン焼・もつ鍋 まことや(しちりんホルモンやき・もつなべ まことや)
五反野駅から北側に歩いて約5分。赤い暖簾とドラム缶が目印。

 

ひゃん

ひゃん
【プデチゲ塩味 2,750円】 ソーセージやベーコンがのった、「軍隊鍋」ともいわれる韓国料理の定番。ボリュームたっぷりで2~3人前。 一般的に辛いものが多いとされる韓国料理だが、こちらは食べやすい塩味のものも。 締めはもちろんラーメンで。

定番の韓国鍋を本場の空気とともに

オープンから17年目となる韓国家庭料理のお店です。
店内に入ると目を引くのは調度品類。韓国に行ったことのある人なら、それらが本場のものとすぐにわかるはず。
鍋ものやチヂミなどの名物料理はいずれもボリューム満点。
アットホームな雰囲気が心地よく、気のおけない仲間たちとの食事にもぴったりです。

 

ひゃん
【ひゃん海苔巻き660円、生マッコリ1,650円】 「キンパ」と呼ばれる韓国風海苔巻きは、まさに韓国のおふくろの味。 マッコリは現地で調達した酒器で雰囲気がより高まる。 酒類全般が安いのも常連に評判で、生ビールは440円。

ひゃん
奥行きがあってゆったりとした店内はグループ客向き。インテリアはすべて韓国から直接仕入れたもの。暖かい季節にはテラス席も人気。

■ひゃん
電 話:03-3881-8988
営業時間:18:00~23:30
定休日:月曜
席:50席
住 所:足立区千住2-62-12 3F(下記地図F)
予約:可
テイクアウトの予約:可
バリアフリー対応:不可
Wi-Fi接続:なし
アクセス:JR常磐線ほか北千住駅西口から徒歩約2分
新型コロナウイルス対策:従業員の手洗いの徹底、従業員のマスクの着用、従業員の検温、座席の配置をソーシャルディスタンス仕様に変更、換気の徹底、利用客の入店時の手指の消毒

ひゃん
飲み屋横丁から一本奥の通りのビル3階にある隠れた名店。 看板を見逃さないように。

(この情報は、令和4年1月24日時点のものです)

 

あだちグルメをぐるなびで検索

おすすめの記事